子育てにやさしい注文住宅のヒント

子育て環境を考えて、
住んでいた中古の一戸建てから、

周囲への音を気にせず、
のびのびと楽しく子育てできる注文住宅を建てたい!

でも子育てしやすい家って・・・
どんなおうちがいいんだろう??

いろんなサイトを見て
あれこれ考えてしまいますね。

ここでは、子育てに優しい家づくりの

おすすめのヒントをお伝えしますね!

ヒント1 【吹き抜け】

光を取り入れながら上下でコミュニケーション。

天井が上の階までつながる吹き抜けは、
注文住宅ならではのプラン。

のびのびと開放的で、広く感じられ、
周囲に建物があっても上から光を取り込めます。

また、家族が上下階に分かれていても
声をかけやすいのも特徴。

特に用事がないときも、
お互いの気配を感じあえるので、安心して過ごせます。

kosodatehinto1.jpg


ヒント2 【大空間】

家族が一堂に集まれてお子様を見守りやすい、
オープンにつながるLDK、吹き抜けなど、

大空間に憧れて注文住宅を建てる人も多いです。

広々と見えるだけでなく、

子育て家族としては、
お子様がどこにいても目が届く点に注目したいですね。


対面式キッチンや
リビング内プレイルームなどを設けると、
料理をしながらお子様を見守れます。

kosodatehinto2.jpg

ヒント3 【タタミコーナー】

空間を広く使うことができる
リビングと隣接したコーナー。

段差があることで、
リビングとの一体感と独立性を両立させることができます。

子供を畳で昼寝させるときも
リビングから見守れて安心。

段差は腰掛けてくつろぐなど、色々な使い方ができます。

横になることもできるので、
お客様の宿泊スペースとしても使えて何かと重宝します。

kosodatehinto3.jpg

いかがでしょうか?

家が建ったら終わりではなく、
お子様の成長とともにアレンジし続けていく。

「家は楽しむもの」を実践できるのが、
注文住宅の良さではないでしょうか。

PageTop